ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT を解決する方法

公開: 2024-02-08

Chrome でウェブ サーフィンをしているときに、ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーによって途中で停止するのは、スムーズな高速道路で赤信号にぶつかるようなものです。 このエラーは、Chrome が「この Web サイトの SSL 証明書に問題があるため、安全にアクセスできません」と伝えているものです。 SSL (Secure Sockets Layer) とその後継である TLS (Transport Layer Security) が安全なインターネット ブラウジングのバックボーンであるため、このシナリオは非常に重要です。 これらにより、ブラウザと Web サイト サーバー間で交換されるデータが暗号化され、安全であることが保証されます。

Web サイトの訪問者として、このエラーが発生すると、訪問しようとしているサイトへのアクセスがブロックされるため、イライラすることがあります。 Web サイトの所有者にとって、SSL/TLS 証明書の整合性と設定をチェックすることは警鐘です。 このエラーは、Chrome がセキュリティ チェック中にサイトの SSL 証明書に関して疑わしい点を検出したことを意味します。 保護のため、Chrome は接続を続行しません。

ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT のトリガーは何ですか?

このエラーの背後にある理由は、技術的なものと同様にさまざまです。 ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーは、SSL/TLS ハンドシェイク プロセスで障害が発生した場合に発生します。 ハンドシェイクは、ブラウザとサーバー間の最初のネゴシエーションです。 安全な接続を確立するためです。 一般的な理由は次のとおりです。

無効な SSL 証明書: 最も単純な理由。証明書の有効期限が切れているか、設定が間違っているか、信頼できる機関からのものではない場合、Chrome はそれにフラグを立てます。

破損したブラウザ キャッシュ: ブラウザのキャッシュが古いデータや破損したデータで乱雑になることがあります。これにより、今回のエラーを含むさまざまなエラーが発生する可能性があります。

システム時刻が正しくありません: SSL 証明書には特定の有効期間があります。デバイスの時計がオフになっている場合、Chrome は証明書の有効期限が切れていないにもかかわらず、証明書の有効期限が切れていると判断する可能性があります。

サードパーティ ソフトウェアの干渉: ウイルス対策プログラムまたはファイアウォールが慎重になりすぎて、正規の SSL 証明書をブロックする可能性があります。

古いブラウザまたは OS : 古いバージョンの Chrome またはオペレーティング システムは、最新の SSL/TLS 標準と互換性がない可能性があります。

ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーの修正

幸いなことに、ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーが発生した場合は、行き止まりというよりはチェックポイントです。 この状況は、ブラウジング環境が安全で最新であることを確認するまたとない機会を提供します。 これを乗り越えてスムーズなブラウジングに戻る方法は次のとおりです。

Google Chromeをアップデートする

Google Chrome は、セキュリティの強化、新機能の導入、そして重要なことに、既知のバグの修正を行うアップデートを通じて継続的に進化しています。 古いブラウザはエラーの温床になる可能性があります。 新しい Web プロトコルとの互換性の問題により、SSL 証明書の問題が発生する可能性があります。 Chrome が最新であることを確認すると、ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーが解決される可能性があるだけではありません。 また、他の脆弱性に対するブラウジング エクスペリエンスも強化されます。

アップデート方法

  1. Chromeを開きます。
  2. 右上隅にある 3 つの点をクリックしてメニューを開きます。
  3. 「ヘルプ」>「Google Chromeについて」に進みます。
  4. 利用可能なアップデートがある場合、Chrome は自動的にアップデートを開始します。 完了したら、ブラウザを再起動するだけです。

Chrome アップデートが選択された Chrome ヘルプ ページ

デバイスの日付と時刻を修正する

一見すると、デバイスの日付と時刻の設定はインターネットの閲覧とは無関係に見えるかもしれません。 SSL 証明書は、Web サイトへの接続を暗号化します。 これらはデバイスの時計に大きく依存します。 これらの証明書は、指定された期間内のみ有効です。 デバイスの時計が進みすぎたり遅れたりしている場合、Chrome は SSL 証明書の有効期限が切れているか、まだ有効ではないと判断する可能性があります。 これにより、ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーが発生する可能性があります。

ウィンドウズ

  1. タスクバーの時計を右クリックします。
  2. 「日付/時刻を調整する」を選択します。
  3. 「時刻を自動的に設定する」がオンになっていることを確認します。

Windows 設定の日付と時刻ページ

マック

  1. 「システム環境設定」を開きます。
  2. 「日付と時刻」をクリックします。
  3. 「日付と時刻を自動的に設定する」にチェックを入れます。

Mac 設定の日付と時刻ページ

ブラウザのキャッシュと Cookie を削除する

ブラウザのキャッシュと Cookie は、頻繁に着るコートのポケットのようなもので、旅の断片が蓄積されます。 この収集されたデータは時間の経過とともに古くなったり、破損したりする可能性があります。 これにより、SSL 証明書エラーなどのさまざまな問題が発生する可能性があります。 キャッシュと Cookie をクリアすると、基本的にこれらのポケットを空にすることになります。 接続の問題を引き起こす可能性のある問題のあるデータを削除しています。 この手順により、多くの場合、ブラウザーによる Web サイトの理解が更新され、スムーズでエラーのないアクセスが可能になります。 これはデジタル リセット ボタンで、妨げられずにブラウジングできるようになります。

クリア方法

  1. Chrome で、3 つの点をクリックし、[その他のツール] > [閲覧データを消去] をクリックします。
  2. 時間範囲を選択します。 すべてを消去するには、「常時」を選択します。
  3. 「Cookie とその他のサイト データ」と「キャッシュされた画像とファイル」のチェックボックスをオンにします。
  4. 「データを消去」をクリックします。

Chrome は常に選択されているブラウザー キャッシュ ウィンドウをクリアします。

競合するブラウザ拡張機能を確認する

ブラウザ拡張機能は、機能を追加したり、コンテンツをパーソナライズしたりすることで、オンライン エクスペリエンスを向上させます。 ただし、一部の拡張機能は Web サイトの読み込み方法や SSL 証明書の検証方法に干渉し、エラーを引き起こす可能性があります。 これらの拡張機能を一時的に無効にすると、それが ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーの原因であるかどうかを特定するのに役立ちます。 これは、アクセサリを取り外して問題を特定することで、扱いにくい電子デバイスのトラブルシューティングを行うことだと考えてください。 各拡張機能を分離することで、安全な接続と競合するものがあれば、どれが競合するかを判断できます。

無効にする方法

  1. Chrome で、3 つの点 > [その他のツール] > [拡張機能] をクリックします。
  2. 拡張機能を 1 つずつオフにして、問題が解決するかどうかを確認します。

オペレーティング システムを更新する

オペレーティング システム (OS) はデバイスのバックボーンであり、Web ブラウザを含むすべてのソフトウェアをサポートします。 OS のバージョンが古いと、互換性の問題、セキュリティの脆弱性、さらには SSL 証明書のエラーが発生する可能性があります。 定期的なアップデートには、既知のバグに対するパッチやセキュリティ プロトコルの改善が含まれることがよくあります。 これらにより、ブラウザと Web サイト間のやり取りがよりスムーズになります。

ウィンドウズ

  1. 「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」に移動します。
  2. 「アップデートを確認」をクリックします。

Windows 設定の Windows Update ページ。

マック

  1. 「システム環境設定」を開きます。
  2. 「ソフトウェアアップデート」をクリックします。
  3. アップデートがある場合は、「今すぐアップデート」をクリックします。

Macシステムアップデートウィンドウ

Chrome で QUIC プロトコルを無効にする

QUIC (Quick UDP Internet Connections) は、Google が開発したプロトコルです。 接続の確立時間を短縮することで、Web を高速化することを目的としています。 ただし、これは比較的新しく、まだ実験段階です。 したがって、ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT などのセキュリティ エラーが発生する場合があります。 QUIC を無効にすることは、このプロトコルが問題の原因であるかどうかを判断するのに役立つトラブルシューティング手順です。 それは、建設中の近道ではなく実証済みのルートを選択するようなものです。 場合によっては、信頼できるパスがよりスムーズなパスであることもあります。

無効にする方法

  1. Chrome では、アドレス バーにchrome://flags/#enable-quicと入力します。
  2. QUICプロトコルを「無効」に設定します。
  3. Chromeを再起動します。

グーグルクローム。 QUIC プロトコルを無効にするが強調表示されています

ウイルス対策 SSL スキャンをオフにする

ウイルス対策ソフトウェアは送受信データを分析し、マルウェアやその他の脅威からユーザーを保護します。 一部のウイルス対策プログラムには、SSL/TLS 暗号化トラフィックをスキャンして潜在的な脅威を検出する機能が含まれています。 この機能は善意によるものです。 ただし、安全な接続を脅威として誤って解釈し、SSL エラーを引き起こすことがあります。 SSL スキャンを除外するようにウイルス対策設定を調整するのは、微妙なバランスです。 セキュリティを維持しながら、中断のない Web アクセスを保証します。 それは、番犬に、知らない人には吠えるが友達には吠えないように教えるのと似ています。 不必要な障害物を排除して保護したいと考えています。

調整方法

  • これはソフトウェアによって異なりますが、一般的にはウイルス対策ソフトを開き、「SSL」、「HTTPS スキャン」、または「Web 保護」に関連する設定を探します。
  • この機能を一時的に無効にするか、具体的な手順についてはソフトウェアのヘルプ ドキュメントを参照してください。

結論は

ERR_BAD_SSL_CLIENT_AUTH_CERT エラーに対処するのは、複雑なマシンのトラブルシューティングのように感じる場合があります。 ただし、多くの場合、すべてが最新であり、正しく構成されており、過剰なセキュリティ ソフトウェアによってブロックされていないことを確認することが重要です。 潜在的な修正に系統的に取り組むことで、通常はエラーをクリアし、安全なブラウジングを再開できます。 このエラーは、デジタル ジャーニーを保護する Chrome の方法であり、アクセスするすべてのウェブサイトが本当に安全に閲覧できることを保証するものであることを忘れないでください。

AI を使用して WordPress ウェブサイトの作成を加速します

10Web AI Website Builder を使用すると、ビジネス ニーズに合わせたカスタム WordPress Web サイトを 10 倍の速さで作成できます。

ウェブサイトを生成する
クレジットカードは必要ありません