MySQL エラー コード 1055 を修正する方法

公開: 2024-03-28

MySQL エラー コード 1055 は、SQL モード `ONLY_FULL_GROUP_BY` が有効になっているというもので、GROUP BY 句の解釈と実行方法に影響します。 このエラーを一緒に解明し、そのバリエーション、根本的な原因、そして最も重要な修正方法を探ってみましょう。

エラーを理解する

MySQL エラー コード 1055 は、SELECT ステートメントと GROUP BY 句が関係する特定の状況下でトリガーされます。 この要件は、データをグループ化するクエリからのあいまいな結果を防ぐことを目的としています。

実際には、クエリ内のデータをグループ化する場合、MySQL は、GROUP BY 句に含まれていないカラムについて同じグループに分類される複数の行を処理する方法を認識する必要があります。 `ONLY_FULL_GROUP_BY` モードは、これらのルールを強制することによって、グループ化されたクエリが明確かつ明確であることを保証する MySQL の方法です。

したがって、エラー 1055 が発生した場合、MySQL は基本的に説明を求めています。「選択しているカラムについて、(GROUP BY 句に含めることで) グループ化する方法を正確に教えてください。または、データを集計する方法を教えてください。」 (COUNT()、SUM() などの関数を使用して)。

ONLY_FULL_GROUP_BY の役割を理解する

このモードは、特に複雑なデータベース環境において、データ取得操作の正確さと信頼性を確保する上で重要な役割を果たします。

「ONLY_FULL_GROUP_BY」が有効な場合、MySQL は明確なルールを強制します。GROUP BY 句を含むクエリの SELECT リストにカラムが表示される場合、そのカラムは次の基準のいずれかを満たさなければなりません。

集計関数である: 列は、COUNT()、SUM()、MAX() などの集計関数内で使用されます。これらの関数は、グループ化された複数の行のデータを集計し、グループごとに 1 つの結果を生成します。

GROUP BY 列に機能的に依存する: 列は、GROUP BY 句にリストされている列に機能的に依存します。機能依存とは、1 つの列 (機能依存列) の値が他の列 (GROUP BY 句内の列) によって一意に決定されることを意味します。 簡単に言うと、GROUP BY 列の任意の値に対して、機能的に依存する列の可能な値が 1 つだけ存在します。

エラーのバリエーション

このエラーが発生する可能性のあるいくつかの方法を次に示します。

  • MySQL エラー コード 1055: SELECT リストの式 #1 は GROUP BY 句になく、GROUP BY 句のカラムに機能的に依存しない非集計カラム 'database.table.column' を含んでいます。 これは sql_mode=only_full_group_by と互換性がありません
  • エラー 1055: ONLY_FULL_GROUP_BY: GROUP BY 句に何かがありません
  • SQL エラー (1055): SELECT リストの式が GROUP BY 句にありません
  • SQLSTATE[42000]: 構文エラーまたはアクセス違反: 1055

このエラーが発生する理由

MySQL エラー コード 1055 は、主に SQL モード「ONLY_FULL_GROUP_BY」が有効になっていることが原因で発生します。このモードでは、GROUP BY 句を使用したクエリに対してより厳格なルールが必要です。 主な理由は次のとおりです。

SQL モード `ONLY_FULL_GROUP_BY` が有効: このモードでは、集約されない限り、すべての SELECT リスト式が GROUP BY 句に出現する必要があります。これは、曖昧なクエリ結果を防ぐように設計されています。

SELECT リスト内の非集計カラム: SELECT リストに集計関数 (SUM、AVG、MIN、MAX、COUNT など) でラップされていないカラムが含まれており、これらのカラムが GROUP BY 句の一部ではない場合、MySQL はこれにエラーとしてフラグを立てます。 「ONLY_FULL_GROUP_BY」。

関数の依存性: MySQL は、集計されていない SELECT リスト内のカラムが GROUP BY 句に関数的に依存していることを期待します。関数の依存関係とは、ある列が別の列を一意に決定することを意味します。 この関係が満たされない場合、MySQL はエラー 1055 をスローします。

MySQL エラー コード 1055 の修正

エラー コード 1055 の意味とエラーの原因を確認したところで、このエラーを修正するいくつかの方法を見てみましょう。

クエリを分析する

MySQL エラー コード 1055 を解決するための最初の手順には、このエラーを引き起こしたクエリの分析が含まれます。 この検査は、SELECT 句にリストされている、GROUP BY 句に含まれていない、または集計されていない列を正確に特定することを目的としています。 MySQL では、ONLY_FULL_GROUP_BY SQL モードでは、明確な結果を保証するために、集計関数ではなく、SELECT リストで参照されるカラムを GROUP BY 句で宣言する必要があるため、この矛盾が問題の核心です。

クエリを調整する

このエラーを修正するには、クエリを調整する必要があります。 この変更は、ONLY_FULL_GROUP_BY 規定に合わせることに重点を置いています。 以下は、コンプライアンスを達成するための 2 つの主要な戦略です。

すべての非集計列を GROUP BY に含めます

包括的な包含: 最も簡単な方法は、集計関数 (COUNT、AVG、SUM など) の一部ではない SELECT リストに表示されるすべての列が GROUP BY 句に含まれていることを確認することです。 このアプローチは、GROUP BY 操作の SQL 標準に準拠しており、結果セット内の各行が GROUP BY 句で指定された列によって一意に識別されることが保証されます。

列「date」、「region」、および「amount」を含む「sales」という名前のデータベース テーブルがあると想像してください。 地域ごとの総売上高を調べたいと考えていますが、最初のクエリではエラー 1055 が発生します。

初期クエリ (エラー 1055 の原因)

 SELECT 日付、地域、SUM(金額)

販売から

地域ごとにグループ化。

「date」が GROUP BY 句に含まれておらず、集計関数内で使用されていないため、このクエリではエラーが発生します。

変更されたクエリ (エラー 1055 の解決)

 SELECT 日付、地域、SUM(金額)

販売から

日付、地域ごとにグループ化します。

GROUP BY 句に「date」と「region」の両方を含めることで、クエリは SQL モード「ONLY_FULL_GROUP_BY」に準拠し、エラーが解決されます。

グループ化されていない列には集計関数を使用する

戦略的集計: GROUP BY 句にすべての非集計列を含めることが非現実的であるか、クエリの意図から逸脱するシナリオでは、非グループ化列に集計関数を使用することが効果的な代替手段となります。このメソッドは、ONLY_FULL_GROUP_BY 制限を回避して、一意でないデータを意味のある集計結果に統合します。

同じ「sales」テーブルを使用しましょう。 地域と最新の発売日を選択し、「地域」のみでグループ化するとします。 集計関数を「date」列に適用すると、GROUP BY 句に含めなくてもこれを実現できます。

最初のクエリ (エラー 1055 の原因)

 地域、日付を選択

販売から

地域ごとにグループ化。

`date` が集計関数にも GROUP BY 句にもないため、このクエリは失敗します。

変更されたクエリ (エラー 1055 の解決)

 SELECT 地域、MAX(日付) AS last_sale_date

販売から

地域ごとにグループ化。

この変更されたクエリでは、「MAX()」関数を使用して「date」列が集計され、各地域の最新の発売日が選択されます。 これにより、「region」が GROUP BY 句内の唯一の列であり、「date」が集計関数内で使用されるため、「ONLY_FULL_GROUP_BY」要件に準拠することでエラーが解決されます。

`ONLY_FULL_GROUP_BY` SQL モードを無効にする

MySQL で `ONLY_FULL_GROUP_BY` モードを無効にすることは、クエリ ロジックで GROUP BY 句への追加や集計が不可能なカラムを含める必要がある場合の最後の手段と考えることができます。

このモードを無効にすると、MySQL エラー コード 1055 などの即時の問題が解決される可能性がありますが、非決定的なクエリ結果が生成されるリスクが生じます。 この非決定性により、クエリが異なる条件下で異なる結果を返す可能性があり、実稼働環境でデータの不整合やデバッグが困難な問題が発生する可能性があります。

「ONLY_FULL_GROUP_BY」を無効にする方法

現在のデータベース セッションに対して「ONLY_FULL_GROUP_BY」を一時的に無効にするには、つまり変更が接続中にのみ持続するようにするには、次の SQL コマンドを使用します。

 SET sql_mode = (SELECT REPLACE(@@sql_mode, 'ONLY_FULL_GROUP_BY', ''));

このコマンドは、グローバル SQL モード設定や他のデータベース セッションに影響を与えることなく、セッションの SQL モードから「ONLY_FULL_GROUP_BY」を選択的に削除します。

世界的に

MySQL サーバーへのすべての新しい接続に影響を与える、より永続的な解決策として、次のコマンドを使用してグローバル SQL モード設定を変更できます。

 SET GLOBAL sql_mode=(SELECT REPLACE(@@sql_mode,'ONLY_FULL_GROUP_BY',''));

このコマンドを実行すると、「ONLY_FULL_GROUP_BY」が削除されてサーバー全体の SQL モード設定が変更され、実行後のすべての新しい接続に変更が適用されます。 これは既存の接続には影響せず、変更をグローバルに適用するにはサーバーを再起動するか、新しい接続が必要であることに注意することが重要です。

MySQL クエリを管理するためのベスト プラクティス

MySQL クエリを扱うとき、特に複雑なグループ化や集計関数が含まれるコンテキストでは、一連のベスト プラクティスを採用することが重要です。 これらの実践は、クエリの効率と正確さを保証するだけでなく、特に SQL モード「ONLY_FULL_GROUP_BY」のような制約を回避する場合に、データの整合性と信頼性を維持するのにも役立ちます。

データの関係を理解する: データベース内の列間の関係と依存関係を深く理解します。データがどのように相互接続されているかを知ることは、より効果的なクエリを構築し、エラーや予期しない結果を回避するのに役立ちます。

スキーマに精通する: 定期的にデータベース スキーマに慣れてください。これは、どの列をグループ化するか、どの列を集計関数で効果的に使用できるかを認識するのに役立ちます。

戦略的な適用: 集計関数 (「SUM()」、「AVG()」、「COUNT()」など) を慎重に適用して、特定の分析目標を達成します。これらの関数はデータを要約および分析するための強力なツールですが、不適切に使用すると、誤解を招く結果につながる可能性があります。

過剰な集計を避ける: 適切にグループ化せずに大規模なデータセットで集計関数を使いすぎると、パフォーマンスの問題が発生し、データから収集しようとしている洞察が不明瞭になる可能性があるため、注意してください。

期待どおりの結果を確認する: 「ONLY_FULL_GROUP_BY」を無効にしたり、クエリの構造を変更したりするなど、クエリを調整した後は、これらの変更を徹底的にテストすることが不可欠です。このテストにより、クエリが期待した結果を返し、データの整合性が維持されることが保証されます。

パフォーマンス評価: テストは正確性だけを評価するものではありません。それはパフォーマンスにも関係します。 特に大規模なデータセットまたは複雑な集計を操作する場合、データベースのパフォーマンスに対するクエリの影響を評価します。

最後に

MySQL エラー コード 1055 を修正する方法を取り上げ、クエリを「ONLY_FULL_GROUP_BY」に準拠するように調整するか、最後の手段としてこのモードを無効にすることに重点を置きました。 データの整合性とクエリの正確性を確保するためのベスト プラクティスを強調し、問題を防ぎ信頼性の高いデータベース操作を保証するために SQL 標準を理解し、その範囲内で作業することの重要性を強調しました。

AI で WordPress Web サイトの作成を加速

10Web AI Website Builder を使用すると、ビジネス ニーズに合わせたカスタム WordPress Web サイトを 10 倍の速さで作成できます。

ウェブサイトを生成する
クレジットカードは必要ありません