MySQL エラー 1044 を修正する方法

公開: 2024-03-29

データベース管理を使用していると、MySQL エラー 1044 に遭遇することがあります。このエラーは時折発生する、あまり一般的ではありませんが、「アクセスが拒否されました」というメッセージを示します。 これは、phpMyAdmin を使用してデータベースをインポートしようとすると発生します。

このエラーは頭痛の種のように思えますが、適切なアプローチと少しの技術的洞察があれば、修正できるでしょう。 この特定の問題が発生した場合でも、心配する必要はありません。 このガイドでは、トラブルシューティングと、このエラーを迅速かつ簡単に解決するための技術的なノウハウについて説明します。

このエラーの背後にあるものと、それを簡単に修正する方法を理解することから始めましょう。

MySQL エラー 1044 とは何ですか?

1044 アクセス拒否エラーは、通常、データベース サーバーへの完全な root アクセス権がない共有ホスティング アカウントで発生します。 このエラーは、phpMyAdmin を使用してデータベースをインポートしようとしたときにも発生します。phpMyAdmin を使用すると、現在のデータベースを管理できるだけでなく、数回クリックするだけでバックアップ ファイルからデータを簡単にインポートできます。

.sql ファイルをインポートするとき、スクリプトは次のようなコマンドを使用してデータベースを作成しようとします。

 データベースを作成する生徒。

しかし、その後、簡単に続行する代わりに、落胆させるメッセージがポップアップ表示されます。

 #1044 - ユーザー 'training'@'localhost' からデータベース 'students' へのアクセスが拒否されました

簡単に言うと、cPanel のような共有ホスティングを使用する場合、データベースの名前の付け方とデータベースで何ができるかについて厳密なルールがあります。 このような設定では、通常、ユーザーはデータベース サーバーへの完全な root アクセス権を取得できません。 .sql ファイル内のコマンドに基づいていつでもデータベースを作成または削除することはできません。

MySQL 1044 エラーは思い出させるものだと考えてください。 これは、データベース内で許可されていないことを実行しようとしているということを示しています。

MySQL エラー 1044 の背後にあるものは何ですか?

データベースの命名規則: MySQL 1044 エラーは、多くの場合、2 つの主要なソースに起因します。まず、命名規則についてです。 データベース名は、ホスティング サービスによって設定されたルールに従っていない可能性があります。 たとえば、cPanel 環境では、従うべき特定の形式があります。つまり、データベース名は cPanel ユーザー名で始まり、その後にアンダースコアが続く必要があります。

権限の制限:共有ホスティング プランでは、ユーザーが同じサーバー上の他のユーザーに影響を与える可能性のあるアクションを誤って (または意図的に) 実行することを防ぐために、特定の SQL コマンドを制限することがよくあります。これには、データベースの作成または削除が含まれます。 これにより、「MySQL 1044: アクセスが拒否されました」のようなエラーが発生する可能性があります。

MySQL エラー 1044 を修正するにはどうすればよいですか?

データベースのインポートで MySQL エラー 1044 のようなブロッキング エラーが発生しないようにするには、いくつかの簡単な手順を実行します。正常な状態に戻すために実行できる内容の内訳は次のとおりです。

.sql ファイル内のデータベースの名前を調整する

データベースの名前は、ホスティング環境の特定の命名規則に従う必要があります。 たとえば、.sql ファイルの最初のコマンドが「 CREATE DATABASE students;」となっているとします。 `、` CREATE DATABASE Training_students;のように調整する必要があります。 ` cPanel の命名プロトコルに合わせるため。 この小さな変更により、データベース名がホスティング サービスによって確実に認識され、受け入れられるようになります。

データベースを手動で作成する

インポートを考える前に、ホスティング コントロール パネルからデータベースを手動でセットアップしてください。

  1. Web ホスティングのコントロール パネルにログインします。
  2. データベース」セクション探してクリックします。
  3. MySQL Database Wizard (または同様のツール)を選択して、新しいデータベースのセットアップを開始します。
  4. ホストのルールに従ってデータベースに名前を付け (` username_databasename ` など)、クリックして次に進みます。
  5. 次に、新しいユーザー名とパスワードを入力してデータベース ユーザーを作成します。 これらの詳細は安全に保管してください。 後で必要になります。
  6. このユーザーをデータベースに割り当て、 「すべての権限」を選択してすべての権限を付与します。 これにより、ユーザーはデータベースで必要なすべての操作を行うことができます。
  7. セットアップ後、データベース名、ユーザー名、パスワードを書き留めます。

この先制的な措置により、データベースが適切な権限で正しく設定されることが保証されます。

不要なコマンドをコメントアウトする

.sql ファイルにデータベースを作成するための直接コマンドが含まれている場合は、関連する各行の先頭に「 」を付けることでコマンドを無効にします。 これにより、アクティブなコマンドがコメントに変わり、インポート プロセス中に効果的にコマンドが脇に置かれます。 これは、インポートで既存のデータベースの作成ではなく、データと構造に重点を置くための巧妙なトリックです。

正しいインポート方法を使用してください

.sql ファイルの準備が完了し、データベースが待機している状態で、phpMyAdmin またはお好みのデータベース管理ツールを使用してファイルのインポートに進みます。 ファイルからデータベース システムへのスムーズなデータ移行を可能にするために、準備したデータベースをインポートの対象にするようにしてください。

権限を確認して調整する

  1. ホスティング コントロール パネルにログインし、phpMyAdmin を開きます。
  2. phpMyAdmin の左側のサイドバーでデータベース名を見つけてクリックします。 これにより、データベース内の関連テーブルがすべて表示されます。
  3. 「特権」または「ユーザー」タブに移動します。
  4. ユーザー権限を編集します。
  5. 権限を確認して調整します。 権限または特権のリストが表示されます。 このユーザーが .sql ファイルで必要なアクションを実行するために必要な権限を持っていることを確認してください。 通常は、SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE、EXECUTE などの権限が有効になっていることを確認します。 インポートに必要ない場合は、データベースの作成または削除の権限を有効にしないでください。ユーザーが実行する必要があるタスクに必要な権限のみを付与してください。
  6. 変更を保存し、インポートを再試行します。

    権限を調整したら、phpMyAdmin を通じて .sql ファイルを再度インポートして、プロセスが正常に完了するかどうかを確認します。

    結論

    MySQL エラー 1044 は、最初は大きな課題のように思えるかもしれませんが、多くの場合、命名規則と権限設定が原因であり、これらの要素は十分に制御できる範囲内にあります。

    MySQL エラー 1044 を修正するには、主に、ホスティングのデータベース命名規則に準拠し、データベース ユーザーに必要な権限があることを確認する必要があります。 このエラーは大きな障害であるように見えますが、対処可能です。 適切なアプローチと少しの忍耐力があれば、このような一見複雑なエラーでも解決できることがわかり、プロジェクトを順調に進め、スムーズに進めることができます。

    上記の手順を実行すると、このエラーを回避してデー​​タベースを正常にインポートし、プロジェクトをスムーズに進めることができます。