Salesforce リスク軽減 101: 基本とその重要性を理解する

公開: 2024-02-10

Fusion Risk Management の共同創設者である Bob Sibik 氏は、Salesforce とのインタビューで次のように述べています。 現在、経営幹部もリスクと回復力に重点を置いています。 それはビジネスの成功の 3 番目の柱になっています[i] 」と彼はビジネス リーダーの考え方のパラダイム シフトを示唆しました。 このことから、脅威から身を守り、回復力を強化することは単なる予防措置ではなく、持続可能な成功のための戦略的必須事項であるということを CEO がますます認識していることが確認されました。

さらに、データ侵害の 45% がクラウドで発生しているため[ii] 、データの安全性を確保し、リスクを軽減することが重要になります。

Salesforce は、150,000 以上の企業に力を与える有力な勢力として[iii] 、クラウドのリーダーとして君臨しています。 クラウド サービスが広範囲に利用されていることを考えると、Salesforce エコシステムのセキュリティを確保することが不可欠です。

このブログ投稿では、Salesforce エコシステム内でのリスク軽減の重要性を明らかにし、これらのリスクを効果的に軽減するための実用的な洞察を提供します。

始めましょう!

セキュリティリスクの範囲: 統計的洞察

Salesforce におけるリスク軽減の核心を掘り下げる前に、セキュリティ リスクの影響を見てみましょう。

  • 組織の 5 分の 4 (83%) 以上が複数のデータ侵害に遭遇しています[iv]
  • データ侵害による組織への一般的な財務的影響は、424 万ドルに達します[V]
  • サイバーセキュリティ インシデントの 95% の費用は 826 ドルから 653,587 ドルの間です[vi]
  • 2020 年中、中小企業は 70 万件を超える攻撃に直面し、その結果、累計 28 億ドルの損害額が発生しました[vii]
  • 2022 年に、組織は世界中で 4 億 9,333 万件のランサムウェア攻撃を特定しました[viii]

これらの数字は、データ侵害やサイバー脅威を軽減する計画を策定できなかった企業に潜在的な影響が及ぶことを示しています。 これは多くの場合、データ損失だけでなく、重大な経済的影響をもたらします。

Salesforce におけるリスク軽減とは何ですか?なぜそれが重要ですか?

Salesforce のリスクを軽減するには、Salesforce 環境内の潜在的な脅威や弱点を検出、評価、軽減するための事前の手順と戦略を講じる必要があります。 ここでの目標は、データの整合性を維持し、システムの安定性を維持し、規制を遵守し、リスクに早期に対処することで信頼を構築し、Salesforce プラットフォームの信頼性とセキュリティを確保することです。

Salesforce 環境におけるリスク軽減の重要性は多面的であり、ビジネスの安定性と成長にとって重要なさまざまな側面に影響を与えます。

ここに代替テキストを挿入

データ整合性保護:

  • 重要性: Salesforce には重要なビジネス データが保管されています。 リスクを軽減すると、このデータの整合性が維持され、損失、破損、または不正アクセスが防止されます。
  • データの整合性を確保する方法: システム障害や侵害によるデータ損失を防ぐために、暗号化と定期的なバックアップを実装します。

システムの安定性の保証:

  • 重要性: 効果的なリスク軽減により、システムのダウンタイムとパフォーマンスの問題が最小限に抑えられ、中断のない運用に不可欠な安定した環境が確保されます。
  • システムの安定性を確保する方法: システムのクラッシュや速度低下を防ぐために、定期的なメンテナンスとアップデートを行ってください。

顧客の信頼と信頼:

  • 重要性: Salesforce でのリスク軽減により、顧客の信頼が構築および維持され、やり取りにおけるデータの安全性と信頼性が保証されます。
  • 顧客の信頼を維持する方法: 堅牢なセキュリティ対策とコンプライアンスの順守に従って、顧客に信頼を与えます。

コンプライアンスと法的遵守:

  • 重要性: リスク軽減を実装すると、Salesforce 環境が業界の規制に合わせて調整され、法的および規制上のリスクが軽減されます。
  • 法的遵守を確保する方法: GDPR または HIPAA 基準を遵守して、法的影響を回避し、データ プライバシーを維持します。

ビジネスの成長をサポート:

  • 重要性: 安全な Salesforce 環境は、拡張のための安定したプラットフォームを提供することで、イノベーション、拡張性、成長を促進します。
  • 成長をサポートする方法: セキュリティ対策を強化して、信頼性を損なうことなく実験や新機能を促進します。

運用の継続性:

  • 重要性: 効果的なリスク軽減により、中断を最小限に抑え、妨げられないワークフローを確保することで、ビジネスの継続性が確保されます。
  • 業務の継続性を維持する方法: 不測の事態が発生した場合でも業務を維持するための緊急時対応計画を実施します。

リソースの最適化:

  • 重要性: リスクを軽減すると危機管理リソースが削減され、成長と発展に効率的に配分できるようになります。
  • リソースの最適化を確実に行う方法: 事後対応の危機対応の必要性を減らすために、事前のリスク予防策を採用および実践します。

Salesforce インスタンスを保護する上で、リスク軽減がどのように重要な役割を果たしますか?

Salesforce 環境における整合性と信頼性のバックボーンは、効果的なリスク軽減戦略と複雑に絡み合っています。 これらの戦略がデータの整合性を維持するだけでなく、セキュリティ リスクを軽減し、システムの安定性を確保し、ユーザーの信頼を高め、ビジネスの継続性を維持し、最終的には組織の拡大と革新による繁栄を可能にする方法について、多面的な側面を詳しく掘り下げてみましょう。

ここに代替テキストを挿入

データの整合性の維持:

定期的なバックアップやデータ暗号化などのリスク軽減戦略を採用することで、システム障害やセキュリティ侵害に起因する潜在的なデータ損失を防ぎます。 これらの対策によりデータの整合性が保護され、重要な情報への侵害が回避されます。

セキュリティリスクの軽減:

セキュリティの脅威に対処するには、アクセス制御、暗号化プロトコル、定期的なセキュリティ評価などの厳格なセキュリティ対策を実装する必要があります。 このアプローチにより脆弱性が軽減され、不正アクセスやデータ侵害のリスクが軽減され、データの機密性と信頼性が維持されます。

システムの安定性とパフォーマンスの確保:

リスク軽減の取り組みには、システムの安定性の維持、パフォーマンスの最適化、システムのダウンタイムや遅延の可能性の低減を目的とした戦略が含まれます。 この信頼性により、中断のない操作と一貫したユーザー エクスペリエンスが保証されます。

ユーザーの信頼を高める:

一貫して安全な環境を維持することで、関係者の信頼が高まります。 ユーザーが自分のデータの安全性とシステムの信頼性を信頼すると、永続的な関係と忠誠心が育まれます。

ビジネス継続性の維持:

効果的なリスク軽減策により、予期せぬイベントや課題に直面した場合でも、Salesforce 環境の継続的な機能が確保されます。 これにより中断が最小限に抑えられ、継続的なビジネス運営がサポートされます。

拡張とイノベーションの実現:

安全に強化された信頼性の高い環境により、組織はイノベーションと拡張に集中できるようになります。 信頼性を損なうことなく、運用をスケーリングし、新機能を導入するための強固な基盤を提供します。

Salesforce インスタンスの一般的なリスクを特定するにはどうすればよいですか?

データロス:

  • リスクの説明: Salesforce 内では、システム障害、誤った削除、または不適切なバックアップ手順によってデータ損失が発生する可能性があります。
  • 影響: 重大なデータ損失により、ビジネス ワークフローが混乱し、意思決定の正確性が損なわれ、データの信頼性が損なわれることで顧客の信頼が損なわれます。

セキュリティの脆弱性:

  • リスクの説明: 脆弱なアクセス制御、不十分な暗号化、未解決のソフトウェアの問題などの脆弱性により、Salesforce はサイバー脅威や不正アクセスにさらされます。
  • 影響: 侵害は機密データを侵害し、経済的損失につながり、評判を傷つけ、法的結果を引き起こし、プラットフォームのセキュリティに対する顧客の信頼を揺るがします。

システムのダウンタイム:

  • リスクの説明: Salesforce のシステムダウンタイムとは、ユーザーの操作に影響を与える、アクセス不能またはパフォーマンスの低下の期間を指します。
  • 影響: ダウンタイムが延長すると、ワークフローが中断され、生産性が低下し、タスクの遅延が発生し、収益の損失につながる可能性があり、プラットフォームの信頼性が損なわれます。

コンプライアンス違反:

  • リスクの説明: GDPR や HIPAA などの業界標準や規制を遵守しないと、Salesforce は法的および規制上のリスクにさらされます。
  • 影響: コンプライアンス違反は、データ処理の期待が満たされていないため、多額の罰金、法的措置、評判の低下、顧客の信頼の喪失につながる可能性があります。
Salesforce インスタンス内で問題に直面していますか? 私たちに話してください!

ビジネス環境内でこれらの脅威やリスクへの対処を優先する必要があるのはなぜですか?

「企業が顧客データを適切に保護していないと知った後、ブランドを切り替えたと報告している人が 40% います[ix] 。」

データの脅威はビジネス運営に大きな影響を与え、顧客の信頼を損なう可能性があるため、データの脅威に注意する必要があります。 これらのリスクによって業務が中断されると、サービスの遅延、意思決定の妨げ、全体的な生産性の低下につながる可能性があります。 経済的には、復旧費用から収益の中断、コンプライアンス違反に至るまで、直接的な損失が発生する可能性があります。 さらに、これらの脅威は組織の評判を傷つけ、信頼性や市場での地位に影響を与える可能性があります。 最終的に、セキュリティ違反やコンプライアンス問題により顧客の信​​頼を失うと、潜在的な顧客離れやさらなる関与への消極につながり、ビジネスの成長と安定性に影響を与える可能性があります。 したがって、事業運営を保護し、顧客の信頼を維持するには、これらの脅威に積極的に対処することが重要です。

Salesforce のリスク軽減戦略の開始

Salesforce の利用を開始するには、リスク軽減戦略の優先順位付けが必要です。 初めて Salesforce に取り組む場合でも、セキュリティ フレームワークを強化する場合でも、これらの重要なセキュリティ慣行を実装することで、進化する脅威に対する防御を強化し、機密データとビジネスの完全性を保護します。

  • セキュリティ ヘルス チェックの実施: Salesforce のコア プラットフォームに組み込まれている統合機能であるヘルス チェックを利用します。 このツールを使用すると、管理者は組織内の潜在的なセキュリティ脆弱性を監視し、修正できるようになります。 これにより、ビジネス ニーズに合わせてカスタマイズされたセキュリティ標準の作成が容易になり、堅牢なセキュリティ体制が確保されます。
  • 多要素認証 (MFA) を有効にする: M​​FA を実装することで、フィッシング攻撃や不正アクセスなどの蔓延する脅威に対する防御を強化します。 この追加のセキュリティ層により、Salesforce データの保護が大幅に強化され、認証情報の侵害に関連するリスクが軽減されます。
  • ユーザー権限の評価: 権限セットの力を利用して、アクセスを細心の注意して規制し、組織内でのセキュリティを強化します。 ユーザーの重要な職務、タスク、運用ワークフローを識別することから始めます。 それに応じて権限セットを調整し、リスクの高い権限をプロファイルから削除し、必要に応じて権限セットを介して再割り当てします。
  • フィッシングに対して警戒を続ける: 不正な電子メールを悪用して機密情報を抽出したり、悪意のあるソフトウェアをインストールしたりするフィッシング詐欺から守ります。 不審なメールに注意するようユーザーに通知し、潜在的な脅威についての認識を促します。
  • ユーザの教育とトレーニング: 安全な Salesforce 環境を維持する重要性についてチームを教育することで、セキュリティの文化を醸成します。 セキュリティのベスト プラクティスについての理解を深め、潜在的な脅威を効果的に認識して対応できるようにします。
  • セキュリティインシデントの報告: 疑わしいメールを添付ファイルとして Salesforce Security に転送することで、セキュリティ上の懸念に対する積極的なアプローチを奨励します。 これにより、潜在的なセキュリティ侵害の迅速な特定と軽減が容易になります。

これらの事前対応策を Salesforce 実装に統合することで、防御を強化し、警戒心の強い従業員を編成し、進化するサイバー脅威に直面しても事業運営の整合性を維持できます。

結論

特に Salesforce を扱う場合、テクノロジー エコシステム内の脅威とリスクに優先的に対処することが最も重要です。 認定 Salesforce コンサルタントと協力することで、Salesforce インスタンスの整合性と正確性が保証され、潜在的なリスクが最小限に抑えられます。

ここに代替テキストを挿入
Salesforce インスタンスを保護し、ビジネスをサイバー脅威から保護する準備はできていますか? [email protected]までご連絡ください。そこから対応させていただきます。

統計的参考資料:

[i]セールスフォース
[ii][iv] Quandarycg
[iii]セールスフォース
[V]セキュリティ インテリジェンス
[vi][vii]ストロングDM
[viii]スタティスタ
[ix]フォーブス